マニュアル

FTP over SSL対応ソフトの設定方法

FTP over SSLは、暗号化を用いてFTP通信ができる機能です。
FTP over SSLを使いますと、FTPにおいてパスワードをはじめ、FTPのすべての通信が暗号化されるので、FTP転送での大切なデータを第三者に傍受されること無く、より安全に通信することができます。
お申込みの必要はなく無料にて、FTPソフトの設定のみでご利用いただけます。

弊社でサポートしている FTP over SSLの方式は 「Explicit方式」です。
コントロールコネクションおよびデータコネクションのどちらも暗号化されます。
クライアント側の設定によりデータコネクションは暗号化しないこともできます。

FTP over SSLを利用するためには、Explicit方式の FTP over SSLに対応したFTPソフトが必要です。
ここでは、FTP over SSLに対応しているソフト、Windows用ではNextFTP、SmartFTP、Macintosh用ではTransmit 3について、主に弊社FTPサーバー情報の設定方法を説明いたします。

●NextFTPの場合 ( Windows )    ⇒ NextFTPでの設定方法

ホスト名 わかりやすい適当なホスト名を入力します
ホストアドレス ドメイン名(例:お客様.co.jp)
ユーザー名 ご案内しているweb管理者id
パスワード web管理者パスワード

NextFTP については以下のページをご参照ください。
URL: http://www.toxsoft.com/

●SmartFTPの場合 ( Windows )    ⇒ SmartFTPでの設定方法

ホスト名 ドメイン名(例:お客様.co.jp)
ユーザー名 ご案内しているweb管理者id
パスワード web管理者パスワード

SmartFTP については以下のページにアクセスしてください。
URL: http://www.smartftp.com/

●Transmit 3の場合 ( Macintosh ) ⇒ Transmit 3での設定方法

サーバ ドメイン名(例:お客様.co.jp)
ユーザーid ご案内しているweb管理者id
パスワード web管理者パスワード

Transmit 3 については以下のページにアクセスしてください。
URL: http://www.act2.com/products/transmit/

その他詳しい設定・操作方法に関しては各FTPソフトのマニュアルをご参照ください。
また、FTPソフトはバージョンアップ等により仕様等が変更される場合がありますので、詳しくは弊社サーバー情報を元に、お使いのFTPソフトメーカにお問い合わせください。

アクセスには”Web管理者ID”と”Web管理者パスワード”が必要です。
サービス開始時にお知らせした情報をご用意ください。

この機能は FTP の暗号化であり、Webサーバ経由の通信(フォームからの受注など)を暗号化する機能ではありません。
Webサーバの通信を暗号化するには ASJ SSL や ベリサイン SSL などの 別途有料オプションの申し込みが必要となります。
SSLサーバー認証IDについて

アドバンス、マスター、ショッパー、eリザーブ、エキスパートにてご利用いただけます。

このページのトップへ

マニュアル一覧へ